Drivers of participation/ja

From Strategic Planning
Jump to navigation Jump to search

契約の運用者

投稿への動機付け

下記の調査結果は、2009年のウィキペディア利用者10万人の調査から導き出した予備調査結果です。[1]ブリッジスパンは刊行された調査結果の冒頭に幾つか追加した分析を行っています。

ここで幾つかの注意が必要です。この標本がウィキペディアコミュニティー全体をどのように代表しているのか不明確です。例えば

  • この調査は全人口あたりの編集者の過剰な表現があります。
  • ロシア人に関して過剰な表現があり、この例外の為の幾つかの説明でこの研究から削除されています。

引用している調査された投稿者は、主要な動機付けを行う人として共有する知識に対する問題と関与を調整を行う意思があり、協力の過程自体は、重要度を低くしています。

誤りを修正し知識を共有する意思は、投稿する主要な動機付けを行う人である。

学術的な日誌や研究書で確認することは、この調査結果を確認する手助けになります。

一般的なコンテンツ分野

コンテンツの幅と構成に関するデータを参照してください。

ウィキメディア事業を通じて成功する投稿のモデル

ここでは専門家の知識が必要です。ページは典型的なライフサイクルの中で創造的なものでしょうか。例えば、

  • 一人の投稿者がコンテンツの75%を創作し、他の投稿者が残りの25%を投稿する。
  • 一人の投稿者が、コンテンツの5%を創作し、次が5%を創作し、それで記事が完成するまで行われる。
  • 投稿者が会話ページで話し合いを持ち、主だった違いを増大させ、ページをほぼ完成させる。
  • などなど

  1. Wikipedia Survey – First Results. April 2009. http://upload.wikimedia.org/wikipedia/foundation/a/a7/Wikipedia_General_Survey-Overview_0.3.9.pdf